脳卒中 冬に起こりやすい脳卒中対策 TOP > 脳卒中の予防 >  脳卒中を防ぐ為の薬物療法

脳卒中を防ぐ為の薬物療法

脳卒中を防ぐ、また再発予防の為に薬物療法を行います。
薬は脳卒中の原因となった血栓の種類によって使い分けられています。
血栓には、血小板が集まってできる白色血栓と、赤血球などが融合してできる赤色血栓があります。
白色血栓の割合が多い脳卒中(ラクナ梗塞やアテローム血栓性脳梗塞)には、血小板が集まるのを抑える「アスピリン」が世界的にも広く使われています。
日本ではチクロピジンが使用されていましたが、重い副作用が起こって以来、副作用が少ないクロピドグレルが使用されています。
出血性の合併症が起こる確立が低くなる、日本で開発されたシロスタゾールも使われています。
これらの薬は出血しやすく、止血しにくくなるので注意が必要です。
そのため、血小板が少ない人や、胃潰瘍がある人など出血しやすい状態の人は使用する事はできません。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイト内検索

お気に入りに追加

LINKS

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 脳卒中 冬に起こりやすい脳卒中対策. All Rights Reserved.