脳卒中 冬に起こりやすい脳卒中対策 TOP > 脳卒中の原因 >  血管が破れて起こる脳卒中

血管が破れて起こる脳卒中

血管が破れて起こる脳卒中には、脳の中の細かい血管が破れる「脳出血」と、血管にできたコブが破裂する「くも膜下出血」があります。

脳出血とは、脳の中の血管が、高血圧などによってもろくなり、その部分が破れて出血するものです。
血管が破れて出血する事で、脳細胞は圧迫されダメージを受けます。
さらに、血液がたまってできる血腫と、その周りに起こる浮腫によりダメージを受けます。
脳出血は、日中に起こることが多いです。
くも膜下出血も、日中に起こることが多く、激しい頭痛が突然起こるのが特徴です。
脳の血管の分岐部にできた動脈瘤が破裂し、脳細胞がダメージをうけます。
くも膜下出血の場合、破裂して出血した後は、自然と血のカサブタができることと、脳の血管が一時収縮することで一時出血が止まります。
ですが、また出血してしまう可能性が高いので処置が必要になります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイト内検索

お気に入りに追加

LINKS

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 脳卒中 冬に起こりやすい脳卒中対策. All Rights Reserved.