脳卒中 冬に起こりやすい脳卒中対策 TOP > 脳卒中の原因 >  血管が詰まって起こる脳卒中

血管が詰まって起こる脳卒中

血管が詰まって起こる脳卒中とは、いわゆる「脳梗塞」です。
血の塊が血管に詰まる事によって、脳細胞へ酸素が送られず、壊死してしまうタイプです。
このタイプは大きく「アテローム血栓性脳梗塞」「ラクナ梗塞」の3種類に分けられます。

心厳正能塞栓とは、不整脈などが原因で、心臓の中の血流が滞って血栓ができ詰まって起こるものです。
日中に起こることが多いのが特徴です。
また、障害される範囲が広く、重症になることが多いです。
ラクナ梗塞とは、睡眠中に起こることが多く、血圧が関係しています。
血流の圧迫によって、血管内が狭くなり、細い血管が詰まって起こります。
アテローム血栓性脳梗塞とは、糖尿病や高脂血症などが関係しています。
頚動脈に出来た血栓が脳の血管に流れ込んで詰まります。

どの種類にせよ、血管が詰まっている人は、深刻な脳卒中になる前に、血圧とコレステロールをコントロールすることが大切です。
脳卒中などで、飲み込みが上手に出来なくなってしまった人は、上手く飲み込めなかった食べ物が肺に入って、肺炎などを起こしてしまうこともあるので注意しましょう。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイト内検索

お気に入りに追加

LINKS

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 脳卒中 冬に起こりやすい脳卒中対策. All Rights Reserved.