日本人の死亡率の第3位

脳卒中は、脳の血管が傷害されて起こる病気の総称で、日本人の死亡率の第3位です。
脳卒中は、暖かい場所から寒い場所へ移動する機会が多くなる冬に起こりやすくなります。
脳卒中は、助かっても後遺症が残ることが多い病気です。

脳卒中の多くは突然症状が起こります。
なかには前ぶれ症状が現れることもあります。
脳卒中は自分で管理が可能な場合も多いのが特徴です。
前ぶれ症状が現れたのに放っておくと命に関わることになってしまいます。
脳卒中の症状として、「ろれつが回らなくなる」「言葉が出てこない」「激しい頭痛」「めまい」「歩くのが困難になる」「体の片側が麻痺したり、しびれたりする」などです。
これらの症状が現れたら、早めに医療機関を受診するとこをお薦めします。

脳卒中には、血管が詰まって起こるものと、血管が破れて起こるものの2種類があります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイト内検索

お気に入りに追加

LINKS

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 脳卒中 冬に起こりやすい脳卒中対策. All Rights Reserved.